ゆとりのある大人の方が子どもは育つ!!

のんびりしてて、

ゆとりのある大人のほうが子どもはよく育つ。

ここ数十年で、感じていることです(^-^)

読むだけで!子どもを今日から変えていく!!

child’sによる子どもの取り扱い説明ブログ

chi’LAB~チャイラボ~

【番外編】

ママさんパパさん!!
おはこんばんにちは(^^)

~教育という枠組みを外す

運動を教えないスポーツクラブchild’s~

スポクリエイターのつっつーです(^^)

今日も一日お疲れさまでした

このブログでは子育てに役立つ情報をお届けしますよ~

私つっつーが現場で、実際に子どもたちに使っている教育などを通して、効果があること、考え方などを紹介していきます

もちろんみんながみんなしっかりしているとは言いません。

統計的に証明されていることでもないので、なんとも言えませんが、それでも大人が多少抜けてるほうが寛容的で、逆にしっかりしている子が多い。

親もしっかりしていて、

子どももしっかりしているパターンは、

・出来ないことに対して抵抗が激しかったり、

・自分に不都合なことは、人のせいにして認めなかったり、

・たまにお友達を見下したりします。

※あくまで一例ですよ!笑

でも実際こういう子も多くいます。

僕はレッスン中、

子どもたちに叱られます。笑

「先生違うでしょ!ここはこうでしょ!」とか、

「また忘れてるの!まったくもう!しょうがないなあ。」

とか、まあどっちが大人かわかりません。笑

わざとそういう一面を見せているのもありますが、結構ガチで失敗するときもあります。

そういうときは、素直に子どもたちに謝って、こんな先生でも頑張るから許してね♪と言い切ります(^^)

そこに大人のプライドは皆無です。

子どもの前だからとか、

親だから(先生だから)とか、

そういうの逆に子どもを見くびってるとも取れるし、疲れるだけです。

とはいえですね!

インストラクター1年目(約10年前)の僕は、

子どもたちになめられないようにしっかりしなきゃと思って、かなりピリピリして、ふざけている子どもたちに怒鳴ったりしてました。笑

子どももビクビクしてるわ、

大人もピリピリしてるわ、

もう地獄絵図ですわ。笑

たまにはふざけあったり、

失敗するところを見せて笑いを取ったりすると、子どもから親への愛着も出てきますよ

だって大人でも完璧すぎる人より、

多少抜けてる人のほうが好かれたりしませんか?

はい!

今日はここまで

それでは、今日も一日お疲れさまでした(^-^)

🌃

おやすみなさいませ

by  幼児心理学研究家

スポクリエイター つっつー

YouTubeも配信してまーす\(^o^)/

・おうちでできる子どもの体操

・つっつーの気ママオンラインカフェ♪

・もっちー&けんけんの教育大学など

いいね♪や、チャンネル登録お待ちしてまーす♪
http://urx.blue/vhWa

Scroll to top